三日坊主にならない克服しやめる方法

こんにちは、タカです。



昨日は自信をつけるための
考え方について書きました。




なんでもいいから
やると決める。


それをちゃんと実行する
できたらほめる。
記録する。



というのが自信をつける
行動設定でした。


そこで実際に


私も今年は
新しい習慣をつけようと
挑戦しています。



今回は、


三日坊主にならないように
継続するコツについて
お話します


d6e649e9de24bdad748783fa5e3df815_s.jpg



筋トレを始めたよ



私は太りやすい体質なのか、
たべすぎたり、
高カロリーが続いたり、


甘いものが好きなので
よく食べてしまうと、


すぐに体に出て
太ってしまう。


昨年は大きいときはプラス10キロ
くらい増えた。


その後少しやせたので
今はプラス5キロくらい



私は昔から太りやすく
10年くらい前、
ピーク時は100キロ超えていた。



今では80プラスマイナス5キロくらいを
毎年うろうろしてしまう。




食べすぎ
甘いものも好き。
お菓子や菓子パンなども
間食でよく食べてしまう。


お酒も飲む。
食事はスーパーの惣菜など
揚げ物が多く、高カロリー
運動もしない。



そりゃあ太ってしまう。



ということで今年は


体重も安定させたい。
そして欲を言えば
程よく筋肉をつけたい。


そこで今年は
小さな習慣を設定した。



甘いものを買わない。
筋トレかウォーキングを毎日2分はやる。


以上。



まずはここから
始めて達成して行く。



良い習慣をこつこつとつくって
グレードアップしていきたい。





そんな小さな目標で良いのか?




食生活で言えば


本当は
栄養自体をもっと気をつけて、
糖分の摂取量だとか、


1日に食べた量、カロリー、栄養素。
食べ物の種類、
炭水化物を控える。


などなど


気をつけた方が良いポイント
はいっぱいあるが



まずは、
甘い食べものを買わない。
そこから始めていく。


お菓子、ケーキ、菓子パン、アイス、チョコ、
などなどでしょうか。




なので


ご飯類、普通の食パン、麺類、揚げ物
などは普通に食べています。
気持ち食べ過ぎないようにしよう。
くらいです。



そして運動にしても、


有酸素運動を集中して30分とか、
筋肉トレーニングも
この部位を鍛える、このトレーニングを
このくらいはやる。


といった
メニューを組んだほうが、
効率的かつ生産的に筋肉がつきます。


しかし



そこまでガッツリは取り組まない。
ハードルを高めて
やらなくなったら終わり。
意味がない



だからこういった動画を参考に





毎日2分は取り組む。
それだけ。




筋トレとか普段運動をしなれているひと 
からしたら、腹筋10回とか余裕
だけれども、



全くしていない人には
分かる話
だと思いますが、



ちゃんとしたフォームで
しっかりと負荷をかけて
腹筋、腕立て10回やりきるのもきつい。



というか素人には出来ないですよ。



途中で崩れてしまったり、
休んでしまったり
力尽きたり。



だからまず私は
この動画を見よう見真似で
できた、できない。
ではなく、



実行したかしないか。
でチェック




IMG_20200112_020943.jpg




とりあえず
フォームをまねして
2分やってみる。




小さな習慣をつくることに集中




この本から目標設定をしたが、



この本の著者は、



腕立て1回を毎日やることから
始めた。とあります。


たった1回!
1回ですよ!


そこから毎日行うことで
自信もつき、習慣にもなり
今では30分以上の
本格的な筋トレが余裕でできるようになったそう。



小さな習慣を馬鹿にしてはいけません。



なので大切なことは




どんな小さなことでも
やると設定する。


それを実行する。



達成する。
を習慣化する。



それの繰り返し。




小さくとも
達成し続けることがポイント。




小さな行動でも
バカにして、
行動しないのでは
いつまでたっても
成長はありません。



こつこつと
継続する人にはかないません。




あなたは何か
小さくとも
継続ができている行動は
ありますか?



できているとしたら……


おめでとうございます!
今後成長し続ける未来が待っているでしょう。



振り返ってみたら、
どんな小さなことでも
継続が出来ていないというあなた……



このままでは
三日坊主を繰り返す人生に
なってしまいますよ。


どんな小さなことでも
こつこつと取り組んでいきましょう。






営業のタカ






この記事へのコメント